メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

サンプルマネージャエラー: X 軸ハードウェア不良 - WKB6185

Article number: 6185To English version

症状

  • コンソールで、可能性のあるエラーが(断続的に)表示される:
    • X 軸移動ハードウェア不良
    • X 軸のハードウェアステップ不明(数値)
    • X 軸ホームハードウェア不良
  • XYZ メカニズムの動作が非常に堅く、アームが自由に動かない([コンソール]で[モーターを無効にする...]コマンドを使用した場合)
  • サンプルマネージャがリセット後に、ホームポジションに戻ろうとするときにガリガリ音がする
  • 再起動または電源を入れ直しても、エラーが解消されない
  • X レールが汚れている

環境

  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ

原因

x 軸上のゴミ(ほこりがたまり、レールに付着すると、x 軸は自由に移動できません)

解決策

  1. サンプルマネージャの電源を切ります。
  2. スプレー缶を使って、x 軸の棒(サンプルマネージャの背面にある黒色のアコーディオンの反対側)を吹き飛ばします。
  3. イソプロピルアルコールで湿らせた糸くずの出ない布を使用して、レールとリードねじを拭いて、頑固な汚れを取り除きます。GT85 または WD40 潤滑スプレーも、レール上のゴミを除去するために使用できます。
  4. ニードルキャリッジをゆっくりと左に、さらに同じ経路をゆっくりと右に、数回移動します。フレックスケーブルによって傷つけないように注意します。
  5. サンプルマネージャの電源を入れます。
  6. X、Y、Z 軸をキャリブレーションします
  7. ニードル Zp 軸をキャリブレーションします
  8. ニードルとシールをキャラクタライズします

追加情報

クリーニング前:
IMG_0033.JPG

クリーニング後:
IMG_0034.JPG

sample manager, Xアクシス, Z-Axis, Zp-Axis, Zpアクシス, Zアクシス