メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

コンソールに表示されるカラムマネージャの「ストリング」エラーメッセージ - WKB636

Article number: 636To English version

症状

  • ACQUITY UPLC Column Manager は、もともと v1.40の Instrument Control Software(ICS)だった。
    • コンピューターにて、June 2011 Driver Pack (v1.50 ICS)  でカラムマネージャを更新した後、「ストリング」メッセージが表示されるようになった
  • コンソール上の装置に「ストリング」エラーが表示されると、エラーメッセージが消えるまで操作できない
  • メッセージはログファイルに記録されない
  • この問題は初期動作確認中に発生する

環境

  • ACQUITY UPLC カラムマネージャ

原因

最初にコンピューターの電源を入れると、コンソール/コントロールパネルにエラーが表示されます。

解決策

  1. 装置とコンピュータの電源を切ります。
  2. コンピュータの電源を入れ直し、Windows にログインします。(Empower または MassLynx は起動しないでください。)
  3. 装置の電源を入れ直し、初期動作確認が終わるのを待ちます。
  4. コンソールソフトウェアを開き、 「ストリング」エラーメッセージを探します。

推奨事項: Instrument Control Software をドライバーパック 4 SR1 に更新します。ACQUITY UPLC カラムマネージャファームウェアは v1.40 のままです。

追加情報

ACQUITY サーバープロセスの障害により装置が通信できなくなり、コンソールに誤った「ストリング」メッセージが表示されます。

「ストリング」エラーは、装置コントロールソフトウェアと ACQUITY モジュールとの間でのコマンドの失敗によるものです。

communication, コミュニケーションエラー