メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Agilent 1290 と通信できない - WKB6565

Article number: 6565To English version

症状

  • Empower で、LAC/E ボックス上の 2 番目の Agilent 1290 と通信できない
  • すでにインストールされた Agilent 1290 は IP アドレス 192.168.0.2 を持っている
  • IP アドレスが 192.168.254.11 に設定された 2 台目の Agilent 1290 を、LAC/E ボックスに追加した

環境

  • Agilent 1290
  • G1365C 検出器
  • Empower

原因

LAN カード(検出器にある)の 8 ビット構成スイッチ(ディップスイッチ)は、DHCP 構成に設定されていないため、IP アドレスは 192.168.254.11 になりました。

解決策

  1. 検出器の LAN カードの 8 ビット構成スイッチ(ディップスイッチ)を正しい構成に変更します。 G1365C 検出器の場合は、スイッチ番号 6 を上に、番号 7 および 8 を下に切り替えます。
  2. 2 つの装置のあるシステムを削除します。
  3. ノードプロパティに移動し、DHCP を設定して、装置を DHCP から削除します。
  4. [装置]タブから装置を削除します。
  5. 装置と LAC/E の電源を切ります。 LAC/E を再起動し、Windows にログインしてから、装置を再起動します。
  6. 両方の装置を IP アドレスで Ping します。
  7. ノードプロパティを開き、DHCP を設定して、両方の装置が表示されることを確認します。 MAC アドレス、種類、および名前を入力する必要があります。
  8. [装置]タブでは、すべての装置について「OK?Yes」と表示されます。
  9. 新規システムを作成します。

追加情報