メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ICS バージョン 1.40 の Agilent 6850 をサポートしているファームウェアの間の違いは何ですか? - WKB6567

Article number: 6567To English version

環境

  • Agilent 6850
  • ICS バージョン 1.40

回答

RS232 接続で制御する、シリアル番号 10243001 未満の 6850 シリーズでは、最も低いもので A.03.03 のファームウェアがありますが、このファームウェアは 7693 オートサンプラーをサポートしません。ただし、7693 オートサンプラーの場合は、 ファームウェア A.03.07(2 行目)以上です。

Ethernet 接続で制御する、シリアル番号が 10243001 以上の 6850 シリーズ II/6850 ネットワーク GC シリーズには、ファームウェア A.05.04 がありますが、7693 オートサンプラーをサポートしません。ただし、7693 オートサンプラー付きの場合は、ファームウェア A.06.02( 4 行目)以上です。

clipboard_e0c7e33df6b4276290ed42bd270cdd78a.png

追加情報

サポートされるファームウェアおよびモジュールについては、Agilent 6850 GC Instrument Control Software Version 1.40 Release Notes(『Agilent 6850 GC 装置コントロールソフトウェアバージョン 1.40 リリースノート』)を参照してください。

id6567, communication, firmware, serial number, UPAQSM, UPARBQSM, UPARBSMFTN, UPARCH30, UPARHQSM, UPARQSM, UPARSMFTN, UPBINARY, UPPDAARCB, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, アジレント, コミュニケーションエラー, 通信

  • この記事は役に立ちましたか?