メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY H-Class SM-FTN がアイドル状態の場合、注入バルブは ACQUITY H-Class SM-FTN で 30 分ごとに動きますか? - WKB67023

Article number: 67023To English version

環境

  • ACQUITY H-Class
  • SM-FTN

回答

はい

追加情報

SM-FTN および Bio-FTN インジェクターは移動して、インジェクターを実行します。

30 分のアイドル時間後、注入バルブがロード位置に移動し、ニードルがシール位置からサンプルコンパートメントチャンバーの中央へ移動します。これにより、高圧注入ポートシールの圧力が低下します。アイドル時間とは、FTN がオンであり、サンプルを分析していない時間です。これは、平衡化およびベースラインのモニタリングに適用できます。

バルブを動かす動作により、圧力が変動します。アイドル時間中に、圧力が 30 分ごとに変化するのは正常です。

サンプルマネージャ 1.51 ファームウェアでは、注入バルブがアイドル状態の最初の 30 分の時点で 1 回だけ移動するように、動作を変更します。アイドル時間が 30 分に達すると、SM-FTN バージョン 1.51 ファームウェアは引き続き、ニードルを高圧シールからチャンバーの中央に移動します。注入バルブは、注入位置からロード位置までの動作を 1 回のみ循環させます。この動作が 1 回のみ発生するため、バルブが循環すると、ユーザーは 30 分ごとに繰り返される圧力変化を見られなくなります。

id67023, A-30SM, baseline, firmware, sample compartment, sample manager, UPISMFTN, UPPFTN, UPSMFTN, UPSMFTN+, サンプル室, フロースルーニードル

  • この記事は役に立ちましたか?