メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

使用している ELSD 検出器は、時間の経過とともに感度が上昇し続け、ピークが切り取られて飽和するのはなぜですか? - WKB7176

Article number: 7176To English version

環境

  • 2420
  • 2424
  • ACQUITY ELS

回答

サービスノート:

繰り返し電源を入れた後、ELS 検出器のゲインが増加します。

時間の経過による光学的劣化の影響を緩和する試みで、ELS ファームウェアには、検出器の電源が投入されるたびに人為的にゲインを追加するコードが含まれています。残念なことに、エラーによる連続した電源投入ごとにこのゲインが増加し、最終的に低ゲイン設定でもシグナルの飽和を引き起こすことがあります。正規化ルーチンを実行すると、ゲインが通常のレベルに戻ります。

このシグナルの飽和を避けるため、検出器の電源投入頻度を下げることや日常的再正規化を提案します。

追加情報