メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

I-Class SM-FL:キャラクタライズ中に「サンプル流路系圧力超過」、および注入時に「サンプル圧力低下」 - WKB7433

Article number: 7433To English version

症状

  • サンプルマネージャをコンソールからリセットすると、低圧に続いて高圧サンプル障害が発生する。
    • 低圧力障害は、洗浄の実施後およびサンプル吸引の準備で「サンプルシリンジを空にする」ときに発生します。断続的な 40 回程度の注入ごと。2 ~ 3 回の分析ごとになるまで漸進的に悪化。
    サンプルニードル、注入バルブ、サンプルループの交換により、短時間の間、問題が解決されます。
    • パフォーマンスメンテナンスと操作は約 4,000 回の注入に対して正常に行われ、その後断続的に障害が発生する。
    注入時に低サンプル圧力エラーが再現される。ループ容量およびニードル容量をキャリブレーションする際に、高サンプル圧力エラーが再現される。

環境

  • ACQUITY I-Class サンプルマネージャ – 固定ループ (SM-FL)。
    • 384 枚の浅いウェルプレート(カバー付き)、合計サンプル容量 20 μl。残量および 10 ul 注入に適合するニードル深さ 0.8 mm (ウェルの底面から)にプログラムされた、ニードル配置。化学者はプレートを遠心分離機にかけてサンプルタンパク質を沈降させますが、時間が経つと、溶液から沈殿物が凝縮します。

原因

  • ニードル配置は、指定値や推奨値からはるかに低い 0.6 mm および 0.8 mm(底面からのニードル深さ)にプログラムされる。
    • ニードル配置を下げることのリスクにより、流路系ラインに破片や沈殿物が入るリスクが高くなります。ニードル、ループ、注入バルブ、廃棄ラインでの強い洗浄液および弱い洗浄液を使用することの見返りとして、サンプルの沈殿を疑います。

解決策

  • 384 ウェルプレートに関する推奨に従ってください:
    • 384 ウェルプレートを使用するサンプルマネージャ固定ループ(デフォルトのニードル配置 2 mm) では、注入するための残留サンプル容量が 15 μl です。
      1. 装置メソッドで、ニードル配置を「自動」に設定します。サンプルマネージャの流路系の沈殿物/破片による詰まりのリスクを低減するため、最少 25 μl のサンプルを使用します。

追加情報

 パフォーマンスメンテナンス:

  • より頻繁な PM スケジュール実行アプリケーションを検討します。必要に応じて、サンプルニードル、サンプルループ、注入バルブを交換します。

fluidics, inlet method, protein, sample manager, sample syringe, UPIBSM, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, well plate, インレットメソッド, フルイディクス, プロテイン, 水

  • この記事は役に立ちましたか?