メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

エラー:ACQUITY UPLC H-Class クォータナリーソルベントマネージャ (QSM) ポンプ H/W 圧力超過 - WKB7536

Article number: 7536To English version

症状

  • コンソールで ポンプ H/W 圧力超過エラーが出る
  • リセットしても、この問題が解消されない
  • システムを一晩中、洗浄した

環境

  • ACQUITY UPLC H-Class システム
  • ACQUITY UPLC H-Class クォータナリーソルベントマネージャ (QSM)

原因

目詰まり、ベーパーロック、移動相の変更時(特に 100% 水性溶媒から 100% 有機溶媒へ置換時)に非常に低い流速でも送液を開始しない、
または、異なる移動相で送液を開始する前に、システムが適切にプライムされていない。
 

解決策または回避策

  1. ポンプからオートサンプラーまでのフィッティングを緩めます。インジェクションバルブのポート 5。
  2. 移動相をプライムします。
  3. 流速を設定します。
  4. ポート 5 から外したチューブから、液が流れてくるのを確認します。
  5. ポート 5 にチューブとフィッティングを接続し、元に戻します。
  6. 流路に沿って、1 本ずつネジを緩め、液を流します。圧力をモニターし、圧力超過エラーが出ないことを確認します。
  7. 外した流路やネジを元に戻します。
  8. 流路全体でエラーが発生しない場合は、通常どおりに分析を実行します。