メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY ポンプ:シール洗浄ポンプが常に動作しシール洗浄溶媒がすぐに消費される - WKB8438

Article number: 8438To English version

症状

  • シール洗浄ポンプが連続してクリックされる。
  • ポンプの使用時、およびアイドル時以外に、ソレノイドが開かなくなっていることが示され、シール洗浄液がすぐになくなる。

環境

  • ACQUITY UPLC BSM (バイナリーソルベントマネージャ)
  • ACQUITY UPLC QSM(クォータナリーソルベントマネージャ)
  • Classic ACQUITY
  • I-Class
  • H-Class
  • Empower

原因

シール洗浄時間は 0.02 分に設定されています。つまり、シール洗浄ポンプは 1.2 秒ごとに起動されます。

解決策

  1. シール洗浄時間を 5.00 分に変更します。これは装置メソッドのデフォルト設定です。
  2. メソッドを保存します。

:QSM の場合、装置メソッドではシール洗浄期間と呼ばれます。 BSM の場合、装置メソッドではシール洗浄と呼ばれます(スクリーンショット参照)。

Seal Wash period.PNG

 

Seal Wash_BSM.PNG

追加情報

seal wash, solenoid, UPBINARY, UPIBSM, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, シールワッシュ, 電磁弁