メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ドライバーパック 1.55 を使用したサードパーティ製ソフトウェアコントロールの NanoACQUITY または ACQUITY M-Class の直接注入エラー - WKB8491

Article number: 8491To English version

症状

  • 注入モードをトラップから直接注入に変更しようとすると、メソッドエディターが閉じる。

環境

  • Xcalibur
  • NanoACQUITY
  • ACQUITY M-Class

原因

システムは、注入モードの変更中にメソッドフォルダーにアクセスする必要があります。メソッドフォルダーの権限は、すべてのユーザーが読み取り/書き込みアクセスできるように設定する必要があります。現在、1.55 デプロイメントマネージャは、管理者のみに適切な権限を与えます。

解決策

管理者はこの手順を実行する必要があります。

1. メソッドフォルダーに移動します。(/program files (x86)/waters instruments/methods)
2. メソッドフォルダーを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
3. [セキュリティ]タブで、すべてのユーザーに読み取り/書き込みアクセス権を設定します。
4. [OK]をクリックして変更を保存し、[プロパティ]を閉じます。

追加情報