メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC QSM または BSM で「リークを検出しました」のエラーが解消しない - WKB93160

Article number: 93160To English version

症状

  • リーク検出のエラーがでる
  • リークセンサーを拭いてもエラーが解消しない

環境

  • ACQUITY UPLC QSM
  • ACQUITY UPLC BSM
  • ACQUITY APC アイソクラティックソルベントマネージャ

原因

ドリップトレイに溶媒がたまっているため、再度リークを検出してしまう。

または、廃液チューブが適切に設置されていないため、プライムなどの操作により、すぐにドリップトレイに溶媒がたまってしまう。

解決策

  1. リークセンサーをドリップトレイから外します。
  2. センサーに付着している溶媒をふき取ります。
  3. ドリップトレイのセンサーポート内部にたまった溶媒をきれいにふき取ります。
  4. 廃液チューブの設置状態を確認します。装置からまっすぐに出ている場合は、重力で溶媒が流れるように、少し下向きになるように配管します。

追加情報

drip tray, UPAISM, UPAQSM, UPBINARY, UPBINARY, UPBSM+, UPIBSM, UPIBSM+, UPISM, UPPBSM, UPPQSM, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPSMPMGR

  • この記事は役に立ちましたか?