メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

UV 検出器のベースラインにノイズが多い - WKB933

Article number: 933To English version

症状

  • ノイズの多いベースライン
  • リファレンスエネルギーがサンプルエネルギーより高い
  • ランプには 300 時間しか使っていない

環境

  • 2487 デュアル波長吸光度検出器
  • 2489 UV/Vis 検出器

原因

フローセルの不良

解決策

  1. フローセルを交換します。パーツ番号については、ユーザーガイドを参照してください。
  2. フローセルのクリーニングの詳細についても、ユーザーガイドを参照してください。
  3. 以下の適切なユーザーガイドを参照してください。

2487 ユーザーガイド

2489 ユーザーガイド

2489 概要およびメンテナンスガイド

追加情報

2487 サンプルエネルギーおよびリファレンスエネルギーを測定するには、次の手順に従います。

  1. フローセルに 100% の水を流し、検出器のフロントパネルにある[DIAG](診断)を押します。
  2. [2]を押し、上/下矢印を使用してサンプルエネルギーおよびリファレンスエネルギーを選択します。[Enter]を押します。
  3. 波長を 230 に設定します。
  4. 2 つの値を比較します。これらの値は類似しており 70 以上であるべきです。

リファレンスエネルギーがサンプルエネルギーと比較して高い場合、フローセルは汚れている可能性があります。サンプルエネルギーの方が高い場合は、フォトダイオードまたはフロントアンプボードに問題がある可能性があります。両方とも低い場合は、M1 ミラーまたはランプハウジングウィンドウの問題が考えられます。それでも値が低い場合は、M2/M3 またはグレーティングの問題の可能性があります。

Waters ウェブサイトの Waters Graphical Parts Locator、またはユーザーガイドにリストされていない部品は、注文するか Waters のエンジニアに交換を依頼する必要があります。

  • この記事は役に立ちましたか?