メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY APC CM-S および CM-30S の構成、およびカラム位置決めコントロールの問題 - WKB9456

Article number: 9456To English version

症状

  • カラムエラーによるユニット障害: 「マルチモードカラム選択が CM(x) CM(y) の範囲外です」 カラム位置の装置メソッドコントロール:CM-S カラムが「変更なし」に設定され、CM-30S が「カラム 1」に設定されている
    • 装置メソッドの編集:CM-S が「なし」に変更され、保存され、そして再びセットアップされた。障害が発生し続けている。
      実際のバルブ位置と、Empower ダイレクトコントロールパネルに示されているバルブ位置の不一致。
    • ダイレクトコントロールパネルのバルブ位置は「カラム 1」位置を示すが、実際のバルブ位置は「廃液」です。この問題は、各モジュールをオンにした後、モジュールの初期化時に発生した。
      コンソールソフトウェアからカラムマネージャ (CM-30S) がなくなる Empower システム構成には、両方のカラムマネージャデバイスがステータス OK で存在する

環境

  • ACQUITY シングルゾーンカラムマネージャ (CM-S)ACQUITY APC 30 cm シングルゾーンカラムマネージャ (CM-30S)

原因

カラムマネージャデバイスの電源を間違った順序で入れ直したことにより、バルブマッピングの問題が発生しました。

解決策

  1. 各装置の不揮発性メモリーを消去することにより、カラム構成の適切なバルブマッピングが保証されます。
    • 「不揮発性メモリーの消去」は、デバイスのサービスモード機能です。メモリーを消去するには、サービスモードに入る必要があります。これを両方のカラムマネージャモジュールで行い、工場出荷時のデフォルトに戻します。
    カラムマネージャデバイスの電源を正しい順序で入れ直します:
    • 先ずはセカンダリーマネージャ(CM-30S またはデュアル CM-S)の電源を入れ直します。次にプライマリーマネージャ(バルブ付き CM-S)の電源を入れ直します。システムは、Empower システム構成で再設定する必要があります。
    Empower システム構成:
    • プライマリーモジュールとして取り付けられた CM-S (バルブ付)は、システム構成に追加される最初のシリアル番号です。セカンダリーモジュール(CM-30S またはデュアル CM-S)は、2 番目に Empower システム構成に追加されます。

追加情報

ACQUITY APC System Guide(『ACQUITY APC システムガイド』)に記載されているようにシステム構成を作成するには、インストールガイドラインに従います。