メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Xevo シリーズ QTof の Electronics を再起動する方法 - WKB1043

Article number: 1043To English version

目的または目標

真空状態の Xevo QTof の Electronics が再起動する(粗引きポンプがオンの状態)。

環境

  • Xevo QTof
  • Xevo G2-S
  • Xevo G2-XS
  • Xevo G2
  • MassLynx 4.1

手順

  1. pump override スイッチを下位置に入れます。これは、Xevo の背面の下部の、中央右にある 2 つのうちの上部切り替えスイッチです。メイン MassLynx 画面に、「pump override active」という通知が表示されます。これを変更するには、スイッチを引き出す必要があります。
  2. MassLynx を終了します([MS Tune]画面、[Inlet Editor]、[Console]画面を閉じた後、MassLynx を終了します)
  3. stopACQUITYProcesses(C:¥Program files(x86)¥Waters Instruments¥Bin¥StopACQUITYProcesses.cmd または StopProcesses.exe)を実行します。手順 6 で PC を再起動する場合は必要ありません。
  4. Xevo G2 の場合は、外部 EPC の電源を切ります(他の装置の EPC はすべて、Electronics によって電源が切られます)
  5. electronics トグルスイッチを切り替えます。Xevo の背面にある 2 つのトグルスイッチの下の方です。
  6. 数分待ってください - この間に PC を再起動することができます。Windows に戻ってログオンすると ACQUITY の電源を入れることができます。
  7. Xevo の背面にある Electronics のトグルを上に切り替えます(下部のスイッチのみ)。PC の電源がオンでログインしており、ACQUITY がオンになっていなければなりません
  8. Xevo G2 の場合は、外部 EPC の電源を入れます(他の装置の EPC はすべて、Electronics によって電源がオンになります)
  9. EPC が起動するまで 5 分間待ちます
  10. MassLynx を起動します
  11. [MS Tune]画面を開きます
  12. 真空をチェックして([View] > [Vacuum]、次に[Vacuum]タブに移動)、実際の真空度(Tof 真空の場合は 1e-8 ではありません)を確認します。実際の Tof 真空度が表示されない場合は、再起動します
  13. 良好な真空状態になったら、pump override スイッチ(上部)を Auto ポジション(上)に戻します
  14. 質量分析計をオペレートモードにします。

追加情報

システムの真空がまだ起動していない場合は、pump override スイッチを使用しないでください。