メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

停電後、ACQUITY MS コンソールに「Xevo TQD:検出器エラー」というメッセージが表示される - WKB10699

Article number: 10699To English version

症状

  • 停電後、ACQUITY MS コンソールに「Xevo TQD:検出器エラー」が表示される。
  • システムを再起動しても問題は解決しない。

環境

  • Xevo TQD
  • MassLynx 4.1

原因

Waters DHCP Server Configuration 内の IP アドレスが破損した。

解決策または回避策

  1. MassLynx および ACQUITY MS コンソールを閉じます。
  2. C:\Program files (x86)\Waters Instruments に移動します。
  3. Waters DHCP Server Configuration.exe を見つけて起動します。
  4. Waters DHCP Server Configuration からすべての IP アドレスを消去します。
  5. PC の電源を切ります。すべての UPLC コンポーネントの電源を切ります。
  6. PC の電源を入れます。Windows にログインします。ステップ 2/3 から開始し、Waters DHCP Server Configuration を起動します。
  7. ネットワークハブが搭載されているものから順に、UPLC コンポーネントの電源を入れます。コンポーネントの IP アドレスと情報が DHCP Server Configuration に表示されるまで 30 秒間待ち、その後で次のコンポーネントの電源を入れてください。
  8. すべての UPLC コンポーネントに電源が入り、LED が緑色になった時点で、Xevo TQD をリセットします。
  9. Xevo TQD の操作 LED が赤からオフになるまで待ちます。
  10. MassLynx を開きます。

追加情報