メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Waters 質量分析計でコーンをクリーニングする方法 - WKB10984

Article number: 10984To English version

目的または目標

以下の状態の場合、サンプルコーンおよびコーンガスノズルのクリーニングを実施してください。

  • サンプルコーンおよびコーンガスノズルが目視で分かるほど汚れている場合。
  • シグナル強度の低下が、LC およびサンプルに関係した理由ではない場合。
  • MS の使用状況に応じて、サンプルコーンとコーンガスノズルを定期的に清掃することを検討してください。

必要な安全上の注意事項と素材については、関連する MS オペレーター概要およびメンテナンスガイドの保守手順に従ってください。

環境

  • すべての Waters ESI(エレクトロスプレー)質量分析計

手順

  1. 関連する MS オペレーター概要およびメンテナンスガイドの手順に従って、サンプルコーンアセンブリーを取り外します。
  2. サンプルコーンから O リング(および存在する場合は PEEK ハンドル)を取り外します。
  3. コーンとサンプルコーンノズルを、1:1 のメタノール:水を含む清潔なガラス製ビーカー/容器(コーンに損傷を与える可能性があるため、決して先端を下にしないでください)の平らな底面に置きます。
  4. コンポーネントがはっきり目視できるほど汚れている場合は、メタノール、水、ギ酸の混合液 (45:45:10) を使用してください。
  5. ビーカー/容器を超音波洗浄器に入れて 30 分間洗浄します。
  6. 洗浄液にギ酸を使用する場合は、水ですすぎ、100% 水を入れたガラスビーカーに入れます。
  7. ビーカー/容器を超音波洗浄器に入れて 20 分間洗浄します。
  8. 100% メタノールを含むガラスビーカー/容器に入れることにより、成分から残留水を除去します。
  9. ビーカー/容器を超音波洗浄器に入れて 10 分間洗浄します。
  10. コンポーネントをガラスのビーカーから慎重に取り出し、オイルフリーの不活性ガスを吹き付けて乾燥させます。

追加情報