メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

UNIFI で Xevo G2-XS の質量精度が悪い - WKB21899

Article number: 21899To English version

症状

  • 質量精度の差は 0.2 Da
  • 分析メソッドに LockSpray プロファイルがある
  • ロックマスチャンネルでは、非常に弱いロックマスシグナルが表示される

環境

  • Xevo G2-XS
  • Xevo G2-S
  • UNIFI

原因

LockSpray プロファイルを LC 送液がアクティブな状態で更新して、メソッドにインポートする必要があります。

解決策

  1. LC の真空引きを開始するように設定し、サンプルダイバーターバルブを LC に設定します。
  2. 問題があるプロファイルに対して LockSpray のセットアップを実行します。
  3. 分析メソッドを開き、[MS LockSpray]タブで、更新した LockSpray プロファイルをインポートします。
  4. 必要に応じて、ロックマスチャンネルのスキャン時間を長くし、強(中 e5 カウント/秒以上)スキャンを確保します。
  5. 必要に応じて、スキャンの頻度を上げます。2 分間の分析の場合は、ロックマスを 20 秒ごとにスキャンします。10 分間の分析の場合は、30 秒ごとにスキャンを実行します。1 時間の分析の場合は 1 分ごとにスキャンを実行します。
  6. メソッドを保存または更新し、取り込みます。

追加情報