メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Xevo TQ MS MRM の感度 - WKB5404

Article number: 5404To English version

症状

  • サンプルチューンと開発を使用した後、MRM の感度が低いままです。

環境

  • Xevo TQ MS
  • MassLynx 4.1
  • Xevo TQD

原因

ソースパラメーターは、IntelliStart のmanual optimization 機能を使用して最適化する必要があります。

解決策または回避策

  1. サンプルが溶出する時間のグラジエント組成と流量で、LC の送液を設定します(例えば、50/50 A/B 0.4 mL/分)。
  2. fluidics タブを使用してサンプルを注入し、flow stateは[combined]を選択します。
  3. MS コンソールを開き、Xevo TQ MS に移動して、名前の左側にある + を選択します。
  4. [manual optimization]を選択します。
  5. 対象のm/zのみが選択されていることを確認します。
  6. プロット画面を右クリックし、[plot properties]を選択します。
  7. plot properties を 1 分に調整し、プロットがフラットになるように、1 分経過するのを待ちます。
  8. キャピラリー電圧を調整して、最大感度が得られるプロットを取得します。注:高流量では、これは 1 kV 未満で調整されます。
  9. 脱溶媒温度とプローブ位置について繰り返します。プローブには 3 つのアジャスターがあります。3 つすべてを調整して、最大感度を取得します。

追加情報