メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Xevo TQS、Xevo G2-S、Xevo G2-XS、Synapt G2-S、または Synapt G2-Si スタイルのソースのイオンブロックをクリーニングする方法 - WKB5702

Article number: 5702To English version

目的または目標

ステップウェーブソースのイオンブロックを取り外してクリーニングします。

環境

  • MassLynx 4.1
  • Xevo TQ-S
  • Xevo TQ-S micro
  • Xevo G2-S QTof
  • Xevo G2-XS QTof
  • Synapt G2-S QTof
  • Synapt G2-Si QTof

手順

  1. トリプル四重極の[Advanced]タブおよび QTof の[ES]タブで、ソース温度を 40 ℃ に設定します。30 分間冷やします。
  2. 装置をスタンバイ(赤色)に設定し、API とコリジョンガスまたはトラップガスをオフにします。
  3. 真空度を測定値取り(QTof の[表示] > [真空]およびトリプル四重極の[セットアップ] > [真空モニター])、真空度の画面をキャプチャーします。
  4. [MS Tune]画面に移動して、[Vacuum]および[Vent]を選択します。
  5. 流路系ラインのプローブとの接続を外します。
  6. ソースエンクロージャーまたはプローブから質量分析計への電源ケーブルの接続を外します(トリプル四重極用 2 本、QTof 用 4本)。

 

  1. ソースエンクロージャーを取り外します。
  2. ソース遮断バルブを閉じます。
  3. [Vacuum] > [Vent]を選択して、[MS Tune]画面から装置を真空解除します。窒素ガスを穏やかに真空解除するため5 分間待ちます。
  4. 続行する前に、[MS Tune]画面の下部に「vented」が表示されるのを確認します。
  5. ソースを取り扱うときは、必ずニトリルゴム手袋を着用してください。2.5 mm のコーンエクストラクションツール付きの六角レンチを使用して、イオンブロックアセンブリーを固定している 4 本の取り付けねじを外します。

  1. イオンブロックアセンブリーをPEEKブロックサポートから取り外し、無地の未使用のプリンター用紙の上に置きます。
  2. ソース遮断バルブを閉じたまま、サンプルコーンを取り外します。
  3. PEEK コーンガスノズルハンドルをつかんで 90 度回します。
  4. サンプルコーンアセンブリーをイオンブロックアセンブリーから引き上げてスライドさせます。
  5. サンプルコーンが床に落ちないように、もう一方の手をその下に置きます。

  1. コーンエクストラクションツールを使用して、サンプルコーンノズルからサンプルコーンを分離します。
  2. O リングと PEEK ハンドルを取り外します。黒色の O リングに損傷などがなければ組み立てるときに再使用します。
  3. 2.5 mm の六角レンチを使用して、イオンブロックカバープレートを固定している 2 本の取り付けねじを緩め、カバープレートを取り外します。金色のねじすべてを、必ず完全に取り外します。
  4. サンプルコーンアセンブリー保持ブロックから 2 本の金色のねじを取り外します。これらのねじの後ろに取り付けられている波形のワッシャーを紛失しないように注意してください。
  5. 遮断バルブをつかみ、イオンブロックから引き出します。

  1. 2.5 mm の六角レンチを使用して、ヒーター端子をイオンブロックに固定している最も右のネジを外します。

注意:イオンブロックからヒーターカートリッジアセンブリーおよびセラミックヒーター取り付けブロックを取り外す際は、ヒーターカートリッジアセンブリーのワイヤーが損傷しないように、ワイヤーを折り曲げたりねじったりしないでください。

  1. PEEK 端子ブロックとセラミックヒーター取り付けブロックを慎重に取り外し、最後にヒーターカートリッジアセンブリーをイオンブロックから取り外します。注:イオンブロックを逆さにすると、このプロセスが容易になります。

  1. 黒色のゴム製 O リングを取り外します。クリーニング中にTeflonコーティングされた O リングは残すことができますが、すべての金色のねじが完全に取り外されていることを確認します。
  2.  イオンブロックを 1 つのビーカーに浸し、サンプルコーンノズルを別々のビーカーに浸します。以下の洗浄のそれぞれで、30 分間超音波洗浄します。
    1. 1:1:1 メタノール/水/ギ酸で超音波処理します。注:ギ酸を除去するために milli-Q 水で十分にすすぎます。
    2. 50:50 メタノール/水で超音波洗浄します。
    3. メタノールで超音波洗浄します。

注:イオンブロックが過度に汚れている場合は、歯ブラシまたは綿棒でこすり落とします。

  1. 金色のソース遮断バルブはギ酸でクリーニングできませんが、必要に応じて以降の洗浄に従うことができます。グラブねじを緩めた後、O リングは残しておくことができますが、PEEK ハンドルは取り外します。 O リングを取り外す場合は、決して損傷や切り傷を付けないでください。
  2. 手袋を着用したまま、ピンセットで各コンポーネントを取り外して、窒素などの不活性のオイルフリーのガスを吹き付けて乾燥します。
  3. 各コンポーネントを点検し、汚れの残っている個所がまだ見える場合は、より高濃度のギ酸溶液で上記のクリーニングを繰り返すか、新品に交換します。
  4. まず、PEEK ターミナルブロックをセラミックヒーター取り付けブロックおよびヒーターカートリッジアセンブリーと一緒にイオンブロックに取り付けて、ソースを再度組み立てます。
  5. 2.5 mm の六角レンチを使用して、PEEK ターミナルブロックをイオンブロックに保持するねじを締めます。
  6. O リングを取り付ける溝に糸くずや微細なゴミがないことを確認して、O リングをイオンブロック、遮断バルブ、サンプルコーンに取り付けます。
  7. 遮断バルブをイオンブロックに取り付けます。
  8. イオンブロックカバープレートをイオンブロックアセンブリーに取り付け、2.5 mm の六角レンチを使用して、所定の位置に保持する 2 本の金色のねじを締めます。
  9. 波形のワッシャー付きの 2 本の短い金色のネジと 2.5 mm の六角レンチを使用して、サンプルコーンアセンブリー保持ブロックをイオンブロックに取り付けます。
  10. サンプルコーンアセンブリーの再組み立て:サンプルコーンアセンブリーを PEEK ハンドルで持ち、イオンブロックに対して垂直になるように向きを合わせます。イオンブロックと同じ高さに滑らせて、所定の位置でロックされるまで 90° 回わします。
  11. すべての PEEK サポートブロックの O リングが所定の位置のままであり、糸くずや微細なゴミがないことを確認します。必要に応じて、少量のメタノールで湿らせたキムワイプを使用して糸くずを取り除きます。
  12. イオンブロックを PEEK イオンブロックサポートに取り付けます。
  13. 2.5 mm の六角レンチを使用して、4 本の金色の取り付けねじをねじ込み、イオンブロックを PEEK ブロックに固定します。ねじを必ず順番に少しずつ締めます(少しだけ回してから次のねじに進みます)。
  14. ソースエンクロージャーを取り付けて、閉じます。
  15. プローブケーブルとソースエンクロージャーケーブルを、質量分析計に接続します。
  16. [MS Tune]画面に移動し、[Vacuum] > [pump]を選択します(四重極システム用)。 QTof は、[オペレート]を押すことによって ACQUITY コンソールを介して真空が起動しているされます。注:ターボ速度は、トリプル四重極の場合は 3 分以内に、QTof の場合は 5 分以内に、100% になるはずです。
  17. コリジョンガスまたはトラップガスがオンであることを確認します。
  18. 1 時間後、ソース遮断バルブを開きます。
  19. オペレートに進む前に、真空が開始真空に近いことを確認します。

追加情報