メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

LCMS で使用可能な溶媒

Article number: 74749To English version

環境

  • SQ 検出器 2
  • Xevo TQ MS
  • Xevo TQD
  • Xevo TQ-S
  • Xevo TQ-S micro
  • Xevo TQ-XS
  • Xevo G2-S
  • Xevo G2-XS
  • SYNAPT G2-S
  • SYNAPT G2-Si

回答

逆相LC/MS (API) システムで一般的に使用される溶媒は以下の通りです。

通常はこれらを組み合わせて使用します。

  • メタノール
  • アセトニトリル
  • ギ酸 (< 0.1%)
  • 酢酸 (< 0.1%)
  • トリフルオロ酢酸 (< 0.1%)
  • 酢酸アンモニウム (< 10 mM)
  • ギ酸アンモニウム (< 10 mM)

注意) 100% アセトニトリルはプロトンドナーにはなりません。
注意) 酢酸アンモニウム、ギ酸アンモニウムは、アセトニトリルには溶解しません。

追加情報