メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

XEVO TQD、TQ-XS、TQ-S micro および SQD2 と通信できない - WKB7610

Article number: 7610To English version

症状

  • MassLynx の[MS Tune]画面で MS をコントロールできない
  • MS による通信の喪失
  • MassLynx ペイン(右下)に表示されるエラーメッセージ「Instrument Not present」(装置が存在しません)

環境

  • MassLynx 4.1
  • Xevo TQD
  • Xevo TQ-XS
  • Xevo TQ-S micro
  • SQD2

原因

内蔵 PC はホスト PC と通信していない。

解決策

  1. MassLynx と MS Console を閉じます。
  2. 装置前面の EPC 再起動スイッチを探します(電源 LED とステータス LED のすぐ下の小さな穴)。
  3. ステップ 2 で説明した小さな穴に PEEK チューブまたはペーパークリップを押し込みます。これが EPC 再起動スイッチのある場所です。
  4. EPC が起動シーケンスを実行し終わるまで 3 分間待ちます。
  5. MassLynx を開き、「Not Scanning」(スキャンしていません)というメッセージが MassLynx ペイン(右下)にあることを確認します。
  6. [MS Tune]ページを開き、真空度が「実値」であり、すべてが適切に通信していることを確認します。注:MS が真空解除されている場合は、[Vacuum](真空)> [Pump](ポンプ)に移動して、バックポンプを起動します。
  7. [MS Tune]画面で、MS API ガスをオンにできること、MS が[Operate](オペレート)モードになっていること、および適切な読み取り値があることを確認します。

追加情報

また、上記のソフトリブートがうまくいかない場合は、次の手段を試してください。

PC の電源を入れ直す。
UPLC スタック上のすべてのモジュールをシャットダウンします。
PC にログインします。
MS の電源を入れ直します(システムが真空解除されている場合)。システムが真空状態にある場合は、前述のように EPC 再起動スイッチを押します。
通信が確立するまで 5 分間待ちます。
Microsoft コマンドウィンドウの Telnet EPC をチェックして、Mass Spec との通信の確立を確認します。
Masslynx に入ります。