メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

APCI または ESCI モードに調整する方法。 - WKB7804

Article number: 7804To English version

目的または目標

APCI または ESCI モードにソースをチューニングします。

環境

  • 質量分析計
  • MassLynx 4.1

手順

  1. APCI プローブ/ソース(APCI モード用)とコロナピンを取り付ける方法については、質量分析計のオペレーターズガイドを参照してください。
  2. プローブ温度を高く(約 600 ℃)、脱溶媒和ガス流量を高く(約 1000 L/時間)設定します。
  3. ダイバートバルブを組み合わせに切り替え、サンプル注入を開始します。
  4. 高流量 (0.8 ~ 1 mL/min) で LC 送液を開始します。
  5. プローブの位置をマークして、ESI モードの元の位置に戻すのを簡単にします。
  6. 銀色のキャリパーを使用して、最良の感度を得るためにプローブの位置を調整します。これはおそらくコーンとコロナピンの中間付近になります。
  7. 最良の感度を得るために、ロナピンの電流設定を調整します。

追加情報