メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Unisprayメンテナンス時のImpactor Pinの洗浄方法 - WKB83167

Article number: 83167To English version

目的または目標

Unispray使用時に、Impactor pinに沈殿が生じた際の洗浄方法

環境

  • Xevo TQ-S
  • Xevo TQ-S cronos
  • Xevo TQ-S micro
  • Xevo TQ-XS

手順

  1. LC の送液を停止します。
  2. 質量分析計を[Standby](スタンバイ)モードにします。脱溶媒ガスフローによってプローブおよびソースが冷却されるまで、約 3 分間待ちます。
  3. N2 ガスを ( タンデム四重極の場合はアルゴンガスも共に) 停止します。
  4. ソースが熱くなっていることがあります。火傷を防ぐため、ソースエンクロージャのドアがあいた状態で作業する際は十分ご注意ください。
  5. 接続部よりImpactor pinを取り外します。
  6. メタノールでImpactor pinを縦方向に拭きます。
  7. 水でImpactor pinを縦方向に拭きます。
  8. メタノールでImpactor pinを縦方向に拭きます。
  9. Impactor pin の焦げ付きを落とすために、研磨フィルムを使用することもあります。
  10. 窒素等により乾燥させて接続部に取り付けます。

追加情報

Hint & Tips 

 

id83167, argon, Arガス, desolvation gas, methanol, nitrogen, XEVOG2XSQT, XEVOTQS, XEVOTQSCRO, XEVOTQSIVD, XEVOTQSMIC, XEVOTQXS, XEVTQSMIVD, XEVTQXSIVD, デゾルベーションガス

  • この記事は役に立ちましたか?