メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

2777 オートサンプラー:検出器の低感度もしくはピークが検出されない - WKB93187

Article number: 93187To English version

症状

  • 低感度もしくはピークが検出されない。
  • 異なるサンプルを分析しても検出されず、すべてのサンプルで同じクロマトグラムが得られる。
  • 検出器側のエラーはない。
  • 移動相は正常に送液できている。
  • カラムを交換しても症状は改善されない。
  • シリンジはサンプルを吸引している。インジェクトも行われる。

環境

  • 2777 サンプルマネージャ
  • ACQUITY UPLC BSM
  • ACQUITY UPLC カラムマネージャ
  • ACQUITY UPLC PDA 検出器
  • ACQUITY UPLC ELS 検出器
  • TQ 検出器

原因

注入バルブポッド内での詰まり、もしくは汚れ。

ニードルシールの詰まり、もしくは汚れ。

解決策

  1. 注入バルブポッドのポート2のニードルガイドを取り外します。
  2. 中のニードルシール(P/N 700002208)を取り出します。
  3. 詰まりがや汚れがある場合は取り除きます。取り切れない場合は新しいものと交換します。
  4. 注入バルブポッドの流路接続部を取り外します。
  5. BSMからメタノールを送液し、各ポートへ接続して逆洗浄もしくは詰まりを確認します。
  6. 詰まりが解消されない場合は注入バルブポッド(P/N 700011083)を交換します。