メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

FractionLynx の Minimum Intensity Threshold (MIT) 値を決定する方法 - WKB5474

Article number: 5474To English version

目的または目標

FractionLynx の Minimum Intensity Threshold (MIT) 値を決定する。

環境

  • FractionLynx
  • 自動精製
  • フラクションエディターファイル

手順

MIT を手動で決定するには:

  1. サンプル希釈液を代表する溶媒のブランク注入を行います。
  2. [Chromatogram](クロマトグラム)ウィンドウから、ブランク注入のクロマトグラムを開きます。
  3. フラクション収集の対象となる抽出された波長または質量のターゲットトレースを表示します。追加の付加イオンは必ず表示してください。
  4. ベースラインが大きくドリフトしない場合は、抽出されたクロマトグラムの右上隅にあるシグナル強度値を使用して MIT 値を決定します。下の例では、この値は 7.75e3 または 7750 です。

追加情報

MIT 値の決定:
望ましくないフラクションの収集を避けるために、MIT は検出器のバックグラウンド強度よりも大きな値に設定しなければなりません。異なる検出器は異なるバックグラウンド強度を生成します。異なる質量および波長は、バックグラウンドレスポンスに影響し、これらの値は、溶媒の変更によって実行中にも変化します。

ブランク注入から各検出器のバックグラウンドレスポンスを決定し、それに応じて以下の手順に従って MIT を設定することができます。

  1. お客様が収集したい化合物が含まれているクロマトグラムを開きます。
  2. 対象のピークを拡大表示します。
  3. コマンドバーで、[編集] > [クロマトグラムリストをコピー]をクリックし、[編集] > [貼り付け]をクリックします。

テキスト形式のクロマトグラムビューが含まれているボックスが表示され、そこでは、画面に表示される時間軸上の各データポイントに対して、強度が表示されます。

  1. ベースラインの強度値、またはピークの少し高い値を選び出せます。分かりやすく表示するため、この情報をメモ帳または Excel に貼り付けることもできます。このコマンドにより、クロマトグラムが ASCII 形式でコピーされます。

誤ったトリガーを防止するために、MIT は、抽出されたマススペクトルのバックグラウンド強度よりも高く設定されなければなりません。上記の例におけるブランクの平均バックグラウンド強度は、約 7.75e3 または 7750 です。この単一質量のバックグラウンド強度は、通常、係数(10、50、またはこの例では 100 など)で乗算され、MIT がすべての質量において誤ったトリガーを防ぐのに十分高く設定されています。この値は、FractionLynx メソッドの MIT フィールドに入力されます。

例外:ネガティブ MS イオン化、UV、PDA、およびアナログデータの場合は、収集に異なる強度値を使用する場合があります。