メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower で制御する QDa 検出器:コントロールパネルでの「機器の通信フェイル」 - WKB10570

Article number: 10570To English version

症状

  • Empower のサンプルの分析画面の QDa コントロールパネルの「装置の通信フェイル」。
  • 装置フェイル ACQ-QDA

環境

  • Empower 2 FR5
  • Empower 3

原因

「ping EPC -t」コマンドを使用して QDa を ping することはできません。

Windows 「hosts」ファイルが破損している。

解決策

  1. フォルダー C:\Windows\System32\drivers\etc を開いて、「hosts」ファイル(このファイルには拡張子はありません)を探します。
  2. 「hosts」という名前のファイルを右クリックし、メモ帳で開きます。(Windows 管理者ユーザーとしてログインしている必要があります)。EPC が含まれている行は 1 つだけあることを確認します。
  3. テキストを別の新しいテキストドキュメント(例えば C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts.txt)にコピーします。
  4. ファイル C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts の名前を C:\Windows\System32\drivers\etc\hostsold に変更します。
  5. ファイル C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts.txt の名前を C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts に変更します。
  6. コマンド DOS で EPC の ping を試行します。
  7. Empower の[サンプルの分析]を開きます。

追加情報

Waters DHCP サーバー設定テーブルの QDa との通信が良好な場合は、QDa ドライバーを再インストールする必要があることがあります。

分析システムを削除しても役に立ちません。

フォルダー Driver:\Empower がウイルス対策スキャンから除外されていることを確認します。

QDa に接続された Ethernet カード用のウイルス対策ファイアウォールがないことを、確認します。