メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Waters ライセンスウィザードを使ってライセンスやオプション(インターネットアクセスあり/なし)を有効または無効にする方法 - WKB1918

Article number: 1918To English version

目的または目標

ライセンスの有効化/無効化

環境

  • Empower 2 Feature Release 5 (FR5) 以降
  • Empower 3
  • UNIFI
  • Breeze 2
  • NuGenesis

手順

Empower パーソナル基本ソフトウェアライセンスおよびオプションライセンスを有効化する方法:

1. [スタート]メニューで、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Empower] > [Waters ライセンスウィザード]の順にクリックします。

2. Waters ライセンスウィザードのログオンページで、デフォルトのユーザー名とパスワードを入力します。データベースパラメーターは[Local]のままにします。

注:Empower ソフトウェアにはデフォルトのシステムユーザーアカウントが用意されています。このアカウントは無効にできますが、ソフトウェアからは削除できません。このアカウントのデフォルトのユーザー名は「system」、デフォルトのパスワードは「manager」です。Empower ソフトウェアにログインして、初めてライセンスウィザードを使用する際は、デフォルトのユーザー名とパスワードを入力します。以降は、管理者権限のあるユーザーが、Waters ライセンスウィザードにアクセスできます。

3. [ログオン]をクリックします。

4. タスクページで、[ソフトウェア登録のリクエスト]をクリックします。

5. 「ソフトウェア登録のリクエスト - 登録ファイルを作成」ページで、ソフトウェア登録ファイルの有効な名前とファイルの場所を入力し、[次へ]をクリックします。

ヒント:このファイルには、ソフトウェア登録情報が記録されています。

6. 「ソフトウェア登録のリクエスト - 登録ファイルが作成されました」ページが表示されたら、アドレスリンクをクリックします。

結果:コンピューターからインターネットにアクセスできる場合は Waters License Activation Center のウェブサイトに接続されるので、リクエストプロセスを完了すると、ライセンスのアクティベーションファイルが送られてきます。

代替手段:コンピューターからインターネットにアクセスできない場合は、先ほど作成したソフトウェア登録ファイルを、インターネットにアクセスできるコンピューターに移動してから、Waters License Activation Center のウェブサイト https://www.waters.com/activate/licenseintro.htm にアクセスします。

注:ライセンスアクティベーションファイルを入手するための指示に従ってください。このファイルを取得するには、ご自身のライセンスとオプションのシリアル番号か、購入したライセンスとオプションの注文番号を必ず入力しなければなりません。

7. License Activation Center のウェブサイトに、ライセンスアクティベーションファイルが表示されます。Empower 3 コンピューターからアクセス可能な場所にファイルを保存し、Waters ライセンスウィザード(ステップ 1 を参照)にログインして[ライセンスの有効化]を選択します。

8. Waters License Activation Center ウェブサイトからダウンロードしたライセンス有効化ファイルを参照して選択し、[次へ]をクリックします。

必須:有効化プロセスは、最初にソフトウェア登録ファイルを作成したのと同じコンピューターで完了する必要があります。

結果:[ライセンスの有効化終了]ページに、正常に有効化されたライセンスとオプションのリストが表示されます。

9. [完了]をクリックします。

ヒント:アクティブなライセンスとオプションを表示するには、Waters ライセンスウィザードの[ライセンスの表示]オプションを使用します。

 

Empower ライセンスとオプションの無効化

Empower 3 をアンインストールする前に、使用するパーソナルワークステーションとは異なるパーソナルワークステーションでライセンスまたはオプションが現在有効になっている場合は、Waters ライセンスウィザードや License Activation Center の Web サイトを使って、現在のワークステーション上のライセンスやオプションを無効にする必要があります。無効にすれば、新しいシステムでライセンスやオプションを再度有効にできます。

制限事項:基本ソフトウェアライセンスを無効化すると、ライセンスウィザードソフトウェアにより、ユーザーライセンス、システムライセンス、およびオプションライセンスがすべて自動的に無効化され削除されます。

ライセンスまたはオプションを無効化するには:

1. [スタート]メニューで、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Empower] > [Waters ライセンスウィザード]の順にクリックします。

2. Waters ライセンスウィザードのログオンページで、デフォルトのユーザー名とパスワードを入力し、データベースパラメーターを[Local]のままにします。

3. [ログオン]をクリックします。

4. タスクページが表示されたら、[ライセンスの無効化]をクリックします。

5. [ライセンスの無効化 - ライセンスを選択してください]ページで、無効にするオプションにチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

6. [ライセンスの無効化 - ライセンスの無効化ファイルを作成します]ページで、ライセンス無効化ファイルの正しい名前と場所を入力し、[次へ]をクリックします。

ヒント:このファイルには、ライセンス無効化情報が保存されています。

7. [ライセンスの無効化 - ライセンスの無効化ファイルを作成しました]ページが表示されたら、ファイルの場所をメモし、アドレスリンクをクリックします。

ヒント:コンピューターからインターネットにアクセスできる場合は、Waters License Activation Center のウェブサイトに接続して無効化プロセスを完了します。

代替手段:コンピューターからインターネットにアクセスできない場合は、先ほど作成したライセンス無効化ファイルを、インターネットにアクセスできるコンピューターに移動してから、Waters License Activation Center のウェブサイト https://www.waters.com/activate/licenseintro.htm にアクセスします。

8. 指示に従ってライセンス(1 つまたは複数)を無効化します。

結果:処理が完了したら、無効化されたライセンスおよびオプションをすべて一覧表示する確認ページが表示されます。

追加情報

インストールしたバージョンに基づくライセンス付与に関しては、Empower インストールガイドを参照することもできます。

トラブルに備えて、登録ファイルとアクティベーションファイルをコンピューター上のフォルダーに保存することを推奨します。

Waters ライセンスウィザードや Waters Licensing ウェブサイトを使って Empower 3 ライセンスを有効にする手順

 

検索条件:

Empower でライセンスを有効化する方法
Empower でシリアル番号を有効化する方法
ユーザーライセンスを有効化する方法
Empower でライセンスを有効化する方法
Web ライセンスウィザードでシリアル番号を有効化する方法
Waters ライセンスウィザードの使用方法