メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower は濃度をどのように計算しますか? - WKB6402

Article number: 6402To English version

環境

  • Empower

回答

ソフトウェアにより、[成分]テーブルにリストされている標準試料の各成分の検量線が生成されます。ユーザーは標準試料の濃度を入力します。これらの標準試料を分析するとき、Empower は所定の濃度と検出器からのレスポンス(面積)を使用して検量線を作成します(外部キャリブレーションを使用する場合)。検出器からのレスポンスは、ピーク面積、ピーク高さ、または別のピーク値(カスタムピーク値を含む)に基づきます。未知試料を分析するとき、Empower は未知試料のレスポンスと標準試料のレスポンスを比較することで、未知試料の濃度を決定します。Empower は未知試料のレスポンスを検量線上にプロットし、線を描画して x 値を決定します。ユーザーが選択した場合、この値が濃度になります。検量線の式には次の 3 種類があります:直線、非直線、原点強制通過。定量中に、ソフトウェアは検量線から未知サンプルの濃度または溶液濃度を計算します。サンプルのレスポンスを使用して、濃度または溶液濃度に対応する x 値を見つけます。その後、[メイン]画面の[ピーク]タブおよび[レビュー]画面の[結果]タブには、最終の成分濃度が表示されます。

追加情報

calibration, 較正

  • この記事は役に立ちましたか?