メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ミリボルトへの 6890 GC アナログ出力変換は何ですか? - WKB6557

Article number: 6557To English version

環境

  • Empower
  • Empower 2
  • Empower 3
  • MIllennium(全バージョン)

回答

1 mV は以下に該当します。
  • 1 pA の FID / NPD
  • 25 μV の TCD
  • 5 Hz の ECD
  • 1 Hz の uECD

追加情報

電気的には、V = IR(電圧=電流×抵抗)のオームの法則がありますので、ミリボルトとピコアンペアの間の単純な変換が必要です。これは R になりますが、実際には正しくありません。その理由は次のとおりです。

  • 6890 の R は簡単に測定することはできません。
  • 6890 では、メソッド設定の一部としてアナログ出力を増幅または減衰することができます。したがって、あるユーザーの装置で決定する「定数」は、他のユーザーの装置で決定する定数とは異なる場合があります。メソッドに応じて、メソッド A で決定される定数は、メソッド B での定数と異なる場合があります。


最善の解決策は、分析を行う「古い」方法(mV のアナログデータを取る)を使用し、「新しい」方法(pA のデジタルデータ)と比較して、適格性評価試験を行うことです。同一のインジェクションで両方の方法を用いてデータを収集することで、2 つのシグナル間の変換係数を把握することができます。他のメソッドでアナログ範囲と減衰に同じ設定を使用する場合、その変換係数は通常の変動範囲内で同一にする必要があります。

また、一部の研究室では、アナログシグナルを収集するために、インテグレーターなどの他の装置を使用することがあります。この場合、インテグレーター自体の増幅が加わったり、またはシグナルにインテグレーター自体の定数が適用されることがあります。ある研究室での作業中に、インテグレーターのシグナルと一致する値を得るために pA シグナルを取得して、3600 を掛けなければならないことが分かったため、変換は必ずしも 10 倍とは限りません。当然ながら、比較のためにソフトウェア内にカスタムフィールド([インテグレーター]エリアなど)を簡単に作成することができます。さらに、派生チャネルを作成して、デジタルデータポイントに何らかの係数を掛けて、データのチャンネルを取得することで、既存のメソッドに統合することも可能です。