メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

USP ノイズ、JP ノイズ、EP ノイズの値を取得できないのはなぜですか? - WKB6683

Article number: 6683To English version

症状

  • USP シグナル対ノイズ、JP シグナル対ノイズおよび EP シグナル対ノイズが計算される
  • [ピーク]テーブルに USP ノイズ、JP ノイズまたは EP ノイズの値はない

環境

  • Empower 3
  • 地域の薬局方

原因

解析メソッドの[システムスータビリティ]タブで、「ピーク出現範囲に中心があるブランク注入のノイズを使用」オプションを選択していませんでした。

解決策

  1. 解析メソッドの[システムスータビリティ]タブで「ピーク出現範囲に中心があるブランク注入のノイズを使用」を選択します。

追加情報

「ピーク出現範囲に中心があるブランク注入のノイズを使用」を選択しないと、ピーク間ノイズを使用して USP、JP、および EP シグナル対ノイズが計算されます。ソフトウェアは、USP ノイズ、JP ノイズ、または EP ノイズとラベル付けされた Empower フィールドの値を計算しません。

EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, noise, SUP, system suitability, システム適合性