メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

サンプルセットタイプのカスタムフィールドを作成する方法 - WKB69112

Article number: 69112To English version

目的または目標

Get Empowered! へようこそお戻りになりました。Empower CDS ソフトウェアに関する前回の Empower 今週のヒント記事で、カスタムフィールドを作成する方法を学習しました(ヒント #82 )。

今週は、カスタムフィールドに続いて、カスタムサンプルセットフィールドを作成する方法を学習します。

サンプルフィールドは、サンプルを特定するものであり、各サンプルに一意の識別子を持たせることができます。カスタムサンプルセットフィールドは、サンプルセット全体を特定するものです。共用カスタムサンプルセットフィールドには、使用されたメソッドの種類、カラムおよび移動相が含まれます。(カスタムフィールドの作成の基本ステップについては、ヒント#82 を参照してください)。

それでは始めましょう。

環境

  • Empower

手順

  1. [カスタムフィールド新規作成ウィザード]を起動します。[データと種類の選択]画面で、[フィールドの種類]に[サンプルセット]を選択し、[データの種類]に[列挙型]を選択します。列挙型のデータ種類では、カスタムフィールドの選択肢のリストを作成できます。
69112-01.png
  1. [入力元の選択]画面で、[言い換えの種類]と呼ばれる新しい選択肢が使用可能になります。今後のヒントで[言い換えの種類]を説明しますが、今回のカスタムフィールドの例では、これをデフォルトのままにします。
69112-02.png
  1. [言い換えの定義]テーブルで、空白のセルをクリックして入力することで、[言い換え]列に選択肢のリストを作成します。この例では、リストに 3 つのメソッドがあります。
69112-03.png
  1. [名前の入力]画面で、名前を入力して、[完了]をクリックします。警告メッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。
69112-04.png
  1. プロジェクトを開き、[サンプルの分析]画面を起動し、サンプルセットメソッドを読み込みます。サンプルセットのカスタムフィールドを選択するには、ツールバーにある[サンプルセット情報]ツールをクリックします。
69112-05.png
  1. サンプルセット情報画面が開き、新しいカスタムフィールドの列が表示されます。最初の空のセルをクリックすると、作成されたリストが表示されます。選択を行い、[OK]をクリックします。
69112-06.png
  1. 変更をサンプルセットメソッドに保存します。
69112-07.png
  1. 新しいサンプルセットフィールドが含まれるようにビューフィルタを作成します。
69112-08.png

簡単ですね!

追加情報

  • サンプルセットフィールドは、レポートメソッドに含めることもできます。
  • 分析後、[サンプルセットの変更]画面でサンプルおよびサンプルセットカスタムフィールドの両方に値を入力できます。
  • この手順は、クイックスタートまたはプロフェッショナルインターフェイスを使用して実行できます。