メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

EasyMail を MassLynx で使用するように設定する方法 - WKB10144

Article number: 10144To English version

目的または目標

EasyMail を、MassLynx/OALogin で使用するように設定します。

環境

  • MassLynx
  • OALogin/OpenLynx/OAManager
  • Easy Mail
  • Windows

手順

  1. 使用する MassLynx バージョンで、Easymail がサポートされていることを確認します。
    記事 #3926 Easy Mail は、Windows 7 で MassLynx OALogin の旧バージョンでは機能しませんを参照してください
  2. 会社の電子メールサーバーのサーバー名を決定します。
  3. MassLynx を開き、OpenLynx を参照します。
  4. OAmanager を開き、[File](ファイル) > [Report Location...](レポートの場所...)を参照します。
  5. 次記の[Report output directories Box](レポート出力ディレクトリーボックス)に主要な場所があることを確認します:
    ReportOutputDirectories.png
  6. 次記のオプションを選択します:
    [Use EasyMail](EasyMail を使う)
    レポートの電子メールを有効にします
    PDF ファイルの電子メールを有効にします(レポートファイルと PDF で印刷されたレポートの両方を電子メールで送信する場合)
  7. [Settings](設定)をクリックします。
  8. 会社サーバー名(手順2で決定)を指定しますが、[Domain](ドメイン)ボックスは消去したままにします。
  9. 電子メール送信元の電子メールアドレスを指定します(有効なアドレスの必要があります)。
  10. 電子メールが OALogin ユーザー設定で有効であることを確認します。

追加情報

電子メールで問題が発生した場合は、Easymail.log ファイルを C:\ で確認します。