メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

エラーメッセージ:「Positive and negative resolution expiry(ポジティブおよびネガティブの分解能が期限切れ)」 - WKB1438

Article number: 1438To English version

症状

  • システムステータス:準備ができていません
  • Positive and negative resolution expiry

環境

  • Masslynx 4.1
  • Intellistart

原因

  • Intellistart によって作成されたポジティブおよびネガティブの分解能ファイルが期限切れです。

解決策または回避策

  1. X 日ごとにシステムの分解能を確認するように SOP で規定されている場合は、ユーザーは Intellistart 分解能セットアップを再実行してエラーを解消する必要があります。
  2. スケジュールに基づいてシステムの分解能を確認するように SOP で規定されていない場合は、有効期限確認を使用不可にできます。
    • MS コンソールに移動します
    • 左のツリー表示から Intellistart を選択します
    • [Configure]メニューに移動して、[Intellistart Configuration]を選択します
    • 「Positive and Negative Resolution expiry」のチェックマークを外します。

追加情報

Intellistart は、特定のファイルが期限切れになった際(分解能の設定、質量キャリブレーション、ファイルの調整など)や、システムに(サービスの満期で)予防是正措置が必要な際にユーザーに警告するように設計されています。このようなチェックは、SOP で、これらのファイルが許容日数外の場合には作業ができないと規定されている規制対象ラボに適用されます。チェックでは、システムがサンプルを実行できないようにするというメッセージが表示されます。デフォルトは 180 日間ですが、365 日間の設定が一般的です。ラボにこのような制限を適用しない場合は、有効期限チェックを使用不可にすることができます。