メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Windows 更新が適用された後、Xevo G2-S Tof と通信しない - WKB18477

Article number: 18477To English version

症状

  • Windows 更新を適用したために PC が再起動された後、装置との通信が行われない。

環境

  • MassLynx 4.1
  • Xevo G2-S Tof
  • ACQUITY UPLC H-Class

原因

更新後の再起動が不適切です。

解決策

  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. C:\Program Files (x86)\Waters Instruments\bin にある Stopacquityprocesses.cmd ファイルを実行します。
  3. PC をシャットダウンします。
  4. ACQUITY UPLC の電源を切ります。
  5. PC の電源を入れる前に 30 秒以上待ちます。 PC が起動するのを待ちます。
  6. 使用する Windows アカウントにログインします。マウスをアイドル状態にして、完全に起動するのを待ちます。
  7. 最初に SM の電源を入れます(通常、Ethernet 接続すべてが SM に接続されているためです)。
  8. しばらく待ってから、他の ACQUITY モジュールをオンにします。
  9. SM と BSM が初期化ルーチンを完了するのを待ちます。完了したら、緑色の電源ランプが点灯しているはずです。
  10. MS の背部に移動し、システムを pump override の状態にします。次に、Electronics スイッチをオフにします。
  11. システムを override の状態のままにして約 30 秒待ってから、Electronics スイッチをオンにします。
  12. Waters DHCP サーバーの設定画面を確認して、MS が表示されるのを待ちます。Windows の[Start](スタート)メュー > [Run](実行) > [Ping EPC](EPC を ping)に移動します。
  13. [Ping]画面を拡大して最大化し、モニターいっぱいにします。EPC からモニター全体に相当する応答を取得したら、[Ping]画面を閉じて MassLynx を起動します。
  14. MassLynx が適切に起動することを確認します。システムが通信している場合は、pump override スイッチを Auto ポジションに戻します。

追加情報