メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

TargetLynx でのシグナル対ノイズ値が 1 - WKB2180

Article number: 2180To English version

症状

  • 1 つの分析対象物について、シグナル対ノイズ値は 1 です:他の分析対象物の値は予想どおりです
  • ピーク面積は予想どおりです

環境

  • MassLynx 4.1
  • TargetLynx

原因

ノイズウィンドウ終了時間が、分析対象物ピークの開始に干渉しています。

解決策または回避策

  1. [Edit Method]を選択して、TargetLynx メソッドを開きます。
  2. をクリックして、[Sample Flagging Properties]を開きます。
  3. [Noise window start (min)]および[Noise window end (min)]フィールドに 0 を指定します。
  4. [File] > [Save]または[Save As]を選択します。
  5. データを再解析します。

追加情報

[Noise window start (min)]および[Noise window end (min)]フィールドが 0 の場合、ソフトウェアによって自動的にノイズが計算されます。