メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

MassLynx で溶媒遅延メソッドイベントを設定する方法 - WKB23296

Article number: 23296To English version

目的または目標

塩の MS への侵入を避けるため、注入開始時に溶媒の送液を廃液に導きます。

環境

  • MassLynx
  • Xevo TQ-S

手順

MassLynx では:

  1. [MS Method](MS メソッド)をクリックします。
  2. [Options](オプション) > [Method Events](メソッドイベント)を選択します。
  3. [Enable](有効化)をクリックします。
  4. 注入する場合、初期設定の送液状態が LC に設定されていることを確認します。
  5. 以下のようにを指定します。
    Time/mins(時間/分):0.01
    Event(イベント):Solvent Delay(溶媒遅延)
    Action(アクション):Begin(開始)
  6. [Add](追加)をクリックして、表にステップ 5 からの情報を入力します。
  7. 次記のように指定します:
    Time/mins(時間/分):1.5 (または必要な終了時間)
    Event(イベント):Solvent Delay(溶媒遅延)
    Action(アクション):End(終了)
  8. [Add](追加)をクリックして、表にステップ 7 からの情報を入力します。
  9. [OK]をクリックします。
  10. [File](ファイル) > [Save](保存)または[Save As](名前をつけて保存)を選択して、メソッドを保存します。
  11. 注入します。

注:溶媒送液は廃液に導かれ、データは取り込まれません。

追加情報