メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

TargetLynx と MassLynx のセキュリティログに表示される時刻が、夏時間に補正される - WKB24842

Article number: 24842To English version

症状

あるユーザーは、TargetLynx のオーディットトレイルに表示される時刻が、夏時間に変わる前の同じイベントに対して以前に表示された時刻より 1 時間遅いことに気づきました。イベントの記録時間は永続的ではないため、そのユーザーはこれがコンプライアンス上の問題であると考えています。

環境

MassLynx 4.1 および TargetLynx、すべての SCN(MassLynx セキュリティあり/なし)。

原因

TargetLynx レポートのヘッダー、TargetLynx 内部オーディットトレイル、および MassLynx Security システムオーディットトレイルでは、表示される時刻が現地の夏時間(英国では「British summertime」と呼ばれます)に補正されます。コンピューターは時刻を UTC として保存します。その結果、春に 1 時間、秋に再び時計が変化すると、ユーザーは、既存のイベントの時間が 1 時間だけ前または後にシフトすることに気づくことがあります。添付ファイルには、秋に時計が変更される前後の TargetLynx オーディットトレイルが表示されます。

TargetLynx レポートのヘッダーでは、最終変更時間と署名時間の両方が影響を受けます。署名時間は、MassLynx セキュリティでのみ使用され、電子署名が使用されている場合にのみ使用されます。どちらの場合も、現在のタイムゾーン(GMT など)が表示され、その後に「標準時」または「夏時間」が続きます。

MassLynx セキュリティのシステムオーディットトレイルでは、タイムゾーンの詳細がログの各イベントの[イベントの詳細]ウィンドウに表示されます。

解決策

これは正常な動作です。ソフトウェアは意図したとおりに動作しています。コンピューターによって保存された時間は永続的ですが、表示される時間は現地のタイムゾーンと夏時間の状態を考慮に入れます。

この機能により、TargetLynx 結果ファイルをタイムゾーン間で移動することができます。結果は常に現地のタイムゾーンで表示されます。

追加情報

MassLynx では、次の時間は夏時間のために補正されません:

  • データファイルの取得時間。これは、TargetLynx サマリーテーブル、実験記録、およびクロマトグラムデータブラウザに表示できます。
  • すべての TargetLynx レポートの最初のページの上部近くに表示されるメソッド時間。これは、メソッドファイルが最後にディスクに書き込まれ、オペレーティングシステムに保存された時間です。
  • すべての TargetLynx レポートの最初のページの上部近くに表示されるキャリブレーション時間。これは、TargetLynx で検量線が生成された時間です。