メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

TargetLynx で低濃度ピークの濃度が空欄になる - WKB3501

Article number: 3501To English version

症状

  • TargetLynx で標準試料を解析すると、低濃度標準試料の濃度が空欄になる
  • ピークが波形解析され、表に面積カウントがあるが、溶液濃度がない

環境

  • TargetLynx
  • MassLynx 4.1

原因

  • 検量線の y 切片が、低溶液濃度サンプルまたはブランク溶液濃度サンプルの計算溶液濃度より大きい
  • これは負の溶液濃度を示しており、ソフトウェアによって溶液濃度はブランクのままになります

解決策

  1. TargetLynx で結果テーブルを右クリックし、[change column order](列の順序の変更)を選択します。
  2. Primary Flags を探します。左側にある場合は、それを選択して[Add](追加)をクリックします。既に右の画面にある場合は、[OK]をクリックします。
  3. ブランク溶液濃度サンプルの Primary Flags には、この問題を特定する bbl 通知が含まれています。
  4. 原点を 0 に強制できますが、R2 およびその結果の溶液濃度値がさらに離れることがあります。
  5. TargetLynx メソッドを編集するには、キャリブレーションプロパティ に移動します。
  6. calibration origin をゼロに変更し、メソッドを保存します。
  7. データを再解析し、R2 が改善され、溶液濃度が予測値に近づいていることを確認します。
  8. 溶液濃度が計算されます。

追加情報

R2 が改善されておらず、溶液濃度が予測値から遠い場合、曲線の種類(線形対二次など)が不適切か、曲線の線形回帰を外れるピークがあります。これらのピークを除外することを試みます。