メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

未分離のピークを波形解析する際に QuanLynx または TargetLynx で波形解析パラメータを設定して垂直線を削除する方法 - WKB4274

Article number: 4274To English version

目的または目標

垂直線を削除して未分離のピークを波形解析する。

環境

  • MassLynx 4.1
  • QuanLynx または TargetLynx

手順

  1. QuanLynx 解析メソッド (* .mdb) を開きます。
  2. をクリックして Integration Parameters(波形解析パラメータ)ページを開きます。
  3. [Apex Track Enabled]が No に設定されていることを確認します。これにより、標準統合が有効になります。
  4. [Balance]を 10 に設定します。
    注:[Balance]は、クロマトグラムウィンドウの波形解析パラメータの「Join valleys if peaks resolve to」パラメータに相当します。
  5. [Splitting]を 50 に設定します。
    注:分割は、クロマトグラムウィンドウの波形解析パラメータの「Draw vertical if peaks resolved to」パラメータに相当します。
  6. クリックをクリックして User Defined ページを開きます。
  7. 保持時間ウィンドウが他のピークの傾きを捕捉するのに十分な大きさであることを確認して、波形解析によりベースラインではなくピークとして認識されるようにします。
  8. QuanLynx 解析メソッドを保存します。
  9. データを再解析します。

追加情報

次の図は、QuanLynx / TargetLynx の標準波形解析パラメータとピーク検出ウィンドウの MassLynx Chromatogram ウィンドウ波形解析パラメータを示しています。