メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Tof MRM メソッドを設定する方法 - WKB5226

Article number: 5226To English version

目的または目標

Tof MRM メソッドを作成する

環境

  • Xevo G2 XS
  • Synapt G2 S
  • Synapt G2 Si

手順

  1. Tof-MRM メソッドをセットアップするには、[MS method editor]画面で Tof-MRM 取り込み種類を選択します。
  2. [Acquisition]タブで、時間の長さ、ソースの種類、極性、Tof モードなどの基本メソッドパラメーターを指定します。

  1. [Tof MS]タブで、質量範囲、スキャン時間、データフォーマットなどの、Tof アナライザーに固有のパラメーターを入力します。質量範囲には、対象の質量すべてが包含される必要があります。これは特に、MRM 画面に RADAR を使用するか何も使用しない場合に、該当します(ステップ 5 を参照)。

  1. [MRM]タブには、実行する MRM メソッドに固有のパラメーターが含まれます。MRM は、開始および終了時間、プリカーサーおよびフラグメントイオンの質量、コリジョンエネルギー、コーン電圧、および使用される場合はターゲットエンハンスメント質量(プロダクトイオン質量に設定することが必要)を入力することによって、手動でスケジュールできます。MRM スケジュールは、以前の実験や Excel スプレッドシートから * .mrm ファイルとして直接インポートすることもできます。[MRM]タブのその他のオプションには、必要に応じて RADAR の切り替え、スキャンのパディング、データストリッピングが含まれます(以下の説明を参照)。

Radar - 必要に応じて、Tof MS スペクトルフルスキャンをスケジュールして、サンプルに存在する他のもののデータを、MRM トランジションの他に(に加えて)得ることができます。

スキャンのパディング - 分析が進行して同時に実行される MRM の数が変わるなど、複数の MRM が重複してスケジュールされる場合は、スキャンパディングを有効にすることが最善です。この機能により、連続した MRM の数が減少する領域にダミー機能が挿入され、所定のトランジションを探すために費やす時間が、測定中一貫します。正確な定量にはこの設定が必要です。

データストリッピング - デフォルトで、MassLynx により、Tof MS タブで指定された取り込み質量範囲全体をカバーするデータが保存されます。これは、MRM 画面の[None]オプションです。このオプションはお勧めしません。表示を簡単にし、ファイルサイズを大幅に減少するために、データストリッピングを使用してディスクに書き込む Tof MS データを制限できます。同位体クラスターオプションによって、ターゲットフラグメントイオン質量を中心に -1 ~ + 5 Da の範囲内にデータが保持される一方、単一同位体オプションでは、ターゲットフラグメントイオン質量を中心に -0.2 ~ + 0.2 Da の範囲内にデータが保持されます。

  1. メソッドに MRM トランジションを追加するには、[追加]を選択して MRM エディターを開きます。必要に応じて化合物名を入力します。[質量を設定]の下に保持時間画面と親質量を入力します。[フラグメント]の下に複数のフラグメントイオンを入力できます。[CE ランプをトラップ(または、存在する場合は転送)]画面に低および高コリジョンエネルギーを入力して、コリジョンエネルギーランプを設定します。コリジョンエネルギーランプが不要な場合は、両方の画面に同じコリジョンエネルギーを入力します。ペプチドに適切なランプは 10 ~ 45 です。必要なコーン電圧を入力します。ターゲットエンハンスメント m/z には、メインプロダクトイオンの m/z を入力します。MRM トランジションに問題がなければ、[追加]を選択し、[保存]を選択して *.mrm ファイルを保存します。これにより、MRM トランジションはファイルに保存されるだけであり、MS メソッドには保存されません。MRM トランジションのすべてが *.mrm ファイルに保存されてから、Tof MRM MS メソッド (*.exp) を保存します。

  1. メソッドを保存する前にトランジションを必ず並べ替えます。

 

追加情報

MS メソッドでは最少数の機能のみが作成されるように機能が再使用されます。このメソッドでは 10 の MRM トランジションが存在する可能性がありますが、3 つの機能のみの場合があります。各トランジションがどの機能に取り込まれるかを調べるには、data file.raw フォルダーを参照し、*.fdc ファイルをメモ帳または(より適切な方法として)Excel で開きます。これには、機能と各トランジションのリストが表示されます。

Excel で .fdc ファイルを開くには: Excel を開き、開いているファイルを選択してファイルを参照します。ファイルの種類として *.* を選択し、[区切り文字]を選択して[次へ]を選択し、その他を除く区切り文字すべてにチェックを付けます。[次へ]を選択し、[完了]をクリックします。