メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA) を無効にする方法 - WKB5384

Article number: 5384To English version

目的または目標

Waters 装置で使用される装置ネットワークカード (LAN) の APIPA を無効にします。

DHCP サーバーが一時的または永続的に利用できない場合、APIPA によってクラス B の IP アドレス(169.254.0.0 ~ 169.254.255.255 または 166.x.x.x)およびデフォルトのクラス B サブネットマスク (255.255.0.0) が割り当てられます。

環境

  • Microsoft Windows 7
  • ネットワーク接続
  • IPv4

手順

  1. レジストリーエディターを表示します([Start](スタート)メニュー > regedit を入力 > 、regedit.exe を選択)
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces に移動します(これにより、PC のネットワークアダプターそれぞれの行が表示されます)。
  3. それぞれの情報を表示するためにクリックし、どれが Water 装置アダプターかを調べます。PC のセットアップ時に設定された IP アドレスを含むものを見つけます(例えば 192.168.0.1 または 64.1.1.1)。
  4. このインターフェイスを選択し、[Edit](編集) > [New](新規/作成) > [DWORD (32-bit) Value](DWORD(32 ビット)値)をクリックします。
  5. 名前を変更するには、IPAutoconfigurationEnabledという名前を新しいキーに入力するか貼り付けます。
  6. 新しいキー IPAutoconfigurationEnabled をダブルクリックし、値 0(ゼロ)が表示されるのを確認します。 (値 1 は自動設定を有効にし、値 0 は無効にします)。
  7.  [OK]をクリックし、レジストリーエディターを終了します。
  8. PC を再起動します。

注:レジストリー値を変更する場合は、必ずローカルの SOP に相談してください。

追加情報