メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

分析対象物ピークが TargetLynx に組み込まれていない - WKB789

Article number: 789To English version

症状

  • 分析対象物ピークが TargetLynx に組み込まれていない
  • IS と第 1 のターゲットイオンはいずれも適切に組み込まれている

環境

  • MassLynx 4.1
  • TargetLynx

原因

TargetLynx メソッドでリストされているトランジションが、MS メソッドのトランジションと一致しない。

解決策または回避策

  1. TargetLynx ブラウザーで[Toggle Experimental Record](実験記録の切り替え)アイコンをクリックします。
  2. 分析対象物に対してリストされているトランジションにスクロールし、正確な値を書き留めてから、ウィンドウを閉じます。
  3. [Edit](編集) > [Method](メソッド)を選択します。
  4. [User Defined Properties](ユーザー定義プロパティー)アイコンをクリックします。
  5. [Quantification Trace](定量のトレース)フィールドのトランジションが、MS メソッドにリストされているトランジションと正確に一致することを確認します。一致しない場合は、TargetLynx メソッドを変更して、データを再解析します。
    変更はこのデータセットのみに適用されます。将来の使用のために TargetLynx メソッドを変更するには、[TargetLynx]ウィンドウで[Edit Method](メソッドの編集)をクリックし、変更を行って保存します。

追加情報

いくつかの他のパラメーターはこの症状を引き起こす可能性があり、除外する必要があります。これらには、予測保持時間、[Retention Time](保持時間)ウィンドウ、[Integration](波形解析)ウィンドウの範囲、およびしきい値が含まれます。