メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

MRM トランジションの 1 つに対する TargetLynx での空白のクロマトグラムまたはテーブル - WKB8598

Article number: 8598To English version

症状

  • すべてのサンプル分析の中で、この 1 つの化合物の、TargetLynx でのどのような種類のクロマトグラムやデータもない
  • この 1 つの化合物のデータが TargetLynx テーブルにない

環境

  • TargetLynx

原因

TargetLynx メソッドでの質量が、MS メソッドの質量と一致しない。

MassLynx によって、クロマトグラム画面で小数点以下 2 桁までに丸められますが、MS メソッドで小数点以下 3 桁または 4 桁が使用される場合、TargetLynx メソッドでこれらをそのトランジションに反映する必要があります。

つまり、クロマトグラム画面を右クリックすると、最初の小数点以下 2 桁のみが TargetLynx メソッドに持ち込まれます。 MS メソッドがこれ以上の場合、それは引き渡されません。

解決策または回避策

  1. TargetLynx メソッドを編集して、MS メソッドでの親質量と娘質量をまったく同じにします。
  2. TargetLynx メソッドを保存します。
  3. データを再解析します。

追加情報

TargetLynx の場合、親イオンとプロダクトイオンは MRM トランジションで正確に同じ質量であることはできず、親イオンはより大きいことが予想されます。親イオンを表示するには、MS メソッドとTargetLynx メソッドの両方で親イオンより 0.0001 Da 小さいプロダクトイオン質量(例えば、609.2812 -> 609.2811)を選択します。