メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Waters DHCP を利用して ACQUITY UPLC 装置の接続を確認する方法 - WKB87842

Article number: 87842To English version

目的または目標

通信エラーが観察された ACQUITY 装置モジュールの DHCP 接続の確認方法を説明する

環境

  • MassLynx
  • Empower
  • ACQUITY UPLC
  • ACQUITY UPLC I-Class
  • ACQUITY UPLC H-Class

手順

  1. C:\Program Files (x86)\Waters Instruments にある Waters DHCP Server Configuration を開きます。
  2. こちらに接続していた装置の名称 IP アドレスが表示されています

clipboard_e89cd7cc0f28dde9bdb2a22372d22dda5.png

  1. 通信エラーが発生した場合は、各行を反転表示して、LC 構成のコンポーネントを削除します。
  2. 装置がまだ表示されていない場合は、[サーバー] > [構成ウィザード]を選択します

clipboard_e5d6fefcc0f6a3dc579bbb20f28b7b16a.png

  1. ACQUITY システムが PC に接続されている接続を選択し、[次へ]をクリックします。

clipboard_e03f538239ba4d804d0d58c9992bd0d85.png

  1. 適切な IP アドレス設定を選択し、[次へ]をクリックします。他の PC ネットワーク接続に干渉しない場合、Waters は 192.168.0.1 の既定 IP アドレスを推奨します

clipboard_ef8f57e3925001b2bb6c1062bab4db670.png

  1. [完了]を選択してウィザードを完了します。PC が自動的に再起動します
  2. ACQUITY モジュールの電源を切ります
  3. 自動的に行われない場合は、PC を再起動します。
  4. PC を再起動したら、ACQUITY モジュールの電源を入れ、まず Ethernet スイッチが含まれているモジュールの電源が入っていることを確認します
  5. Waters DHCP Server Configuration を開きます。
  6. ACQUITY 装置モジュールは IP アドレス、MAC アドレス、種類、名前とともに表示されていることを確認します
  7. 使用するソフトウェアプラットフォーム内の通信を確認します

追加情報

 

id87842, communication, EMP2LIC, EMP2OPT, EMP2SW, EMP3GC, EMP3LIC, EMP3OPT, EMP3SW, EMPGC, EMPGPC, EMPLIC, EMPOWER2, EMPOWER3, EMPSW, MLYNX, MLYNXV41, SUP, SUPMM, UPBINARY, UPIBSM, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, コミュニケーションエラー