メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

溶液濃度にフラグを付けて、TargetLynx ブラウザーでフラグを付けたサンプルを表示する方法 - WKB878

Article number: 878To English version

目的または目標

スレッシュホールドを上回るか下回る溶液濃度結果にフラグを付けて、データレビューで簡単に識別できるようにする。

環境

  • MassLynx 4.1
  • TargetLynx 4.1

手順

  1. TargetLynx:メソッドの編集。
  2. サンプルのフラグ付け。
  3. 溶液濃度のフラグ付けとレポートパラメーター。
  4. 溶液濃度上限の有効化:必要なスレッシュホールドを設定します。
  5. 報告溶液濃度下限を有効化:必要なスレッシュホールドを設定します。
  6. メソッドを保存:サンプルリストからデータを解析します。
  7. フラグを付けた結果を表示するには、TargetLynx ブラウザーで概要レポートを有効にします。

追加情報

メソッドでの溶液濃度上限を超える濃度測定値は、概要に太字で表示されます。報告下限を下回る濃度測定値は、概要に「RL 未満」として表示されます。