メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

NuGenesis 8 に必要なポートは何ですか? - WKB971

Article number: 971To English version

環境

  • NuGenesis 8 SDMS
  • NuGenesis 8 LMS
  • NuGenesis 8 ELN
  • NuGenesis 9 の場合は、記事 WKB61885 を参照してください

回答

NuGenesis LMS のさまざまなサービスやデバイスは、以下のポートでトラフィックをリッスンします(受信トラフィック)。

  • TCP 21:FTP サイトのデフォルトポート。NuGenesis は、管理されたストレージとダウンロード可能な SDMS コンポーネント用の FTP サイトを使用します。
  • TCP 80:NuGenesis 8 SR1 と FR1 の SDMS WebVision サイトと LMS Web サーバーのデフォルトポート。
  • UDP 161:SNMP サービスのデフォルトポート。このポートはオプションで、NuGenesis サーバーが SolarWinds によって監視されている場合にのみ必要です。
  • TCP 443:NuGenesis 8 SR2 の SDMS WebVision サイトおよび LMS Web サーバーのデフォルトポート。
  • TCP 445:Windows のサーバーメッセージブロック2 (SMB2) プロトコルのポート。このポートは、NuGenesis SDMS File Capture のアーカイブエージェントまたはデータ管理モジュールがアクセスする任意のマシン上で開いている必要があります。
  • TCP 515:ラインプリンタデーモン (LPD) サービスのリスナーポート。NuGenesis UNIFYps は、このサービスを使用して Unix および Linux マシンから印刷ジョブを受信します。
  • TCP 1001:Tibbo デバイスサーバーのデフォルトポート。このポートは、Tibbo デバイスと LMS クライアント間のネットワークファイアウォール上で開いている必要があります。ポート番号は、Tibbo DS Manager ソフトウェアで、個々の Tibbo デバイス内で変更できます。
  • TCP 1521:Oracle Database TNS リスナーサービスのデフォルトポート。
  • TCP 2500-2504:NuGenesis RPC サービスのデフォルトポート。
  • TCP 8002:スペクトル/構造式検索サーバーのデフォルトポート。
  • TCP 8080:Apache Tomcat サービスのデフォルトポート。
  • TCP 8180:NuGenesis LMS Server のデフォルトポート。
  • TCP 8181:Waters Database Manager のデフォルト HTTP リスナーポート。このポートは、WDM ソフトウェアが NuGenesis データベースにインストールされている場合にのみ使われます。
  • TCP 9992 および 9993:WCF ベースの Empower データアダプター用のデフォルトポート。これらのアダプターは、DCOM ベースのアダプターを置き換えるために、Data Adapter Release 2 で導入されました。
  • TCP 9996 および 9997:WCF ベースの Chromeleon データアダプタのデフォルトポート。これらのアダプターは、DCOM ベースのアダプターを置き換えるために、Data Adapters Release 3 で導入されました。
  • TCP 12020:NuGenesis VISION リスナープロセス (ng80wvls.exe) とローカルまたはリモート VISION デーモン間の通信に使用されるポート。
  • TCP 61616 および 63637:NuGenesis Instrument Agents のリスナーポート

いくつかの NuGenesis サービスは、明確に定義されたポートを介してネットワークトラフィックを他のサービスに送信します(送信トラフィック)。

  • TCP 25:SMTP のデフォルトポート。NuGenessis SDMS および LMS は両方とも、SMTP 経由でユーザーに E メール通知を送信できます
  • TCP 389:暗号化されていない LDAP のデフォルトポート
  • TCP 636:LDAPS のデフォルトポート。NuGenesis 9 LMS および SDMS は両方とも、暗号化された認証に LDAPS を使用します

追加情報

NuGenesis クライアントは、サーバーに接続するときに、上記のポートを宛先ポートとして使用します。ソースポート番号は多くの場合、49000 ~ 65535 の範囲にある疑似乱数です。サーバーは、そのソースポートをクライアントへの応答の宛先ポートとして使用します。これは、TCP/IP ネットワーキングの通常の動作であり、予測される動作です。

たとえば、NuGenesis LMS サーバーが NuGenesis Oracle データベースに接続されるとき、データベースのリスナーポート(通常は 1521)に接続され、ソースポート番号は上記の範囲にあります。その応答では、データベースのソースポートは 1521 になり、宛先ポートは LMS サーバーによって使用されるソースポートになります。

ネットワークにインストールされているファイアウォールは、ソースポート番号に基づく NuGenesis トラフィックをブロックしてはなりません。ソースポートは予測できず、ネットワークトラフィックのフィルタリングには適していません。ベストプラクティスは、リスナーポート(上記を参照)を介して、同時にソース IP 範囲によって(オプション)、サーバーへのアクセスをコントロールすることです。言い換えれば、ファイアウォールは NuGenesis サーバーへのトラフィックをリスナーポート番号を介してのみ許可し、二次的には、そのサーバーに接続しているソース IP アドレスからのトラフィックのみを許可する必要があります。たとえば、NuGenesis データベースは、ポート 1521 でのみトラフィックを許可し、および NuGenesis アプリケーションサーバー(Web、ファイルキャプチャー、LMS)の IP アドレスからのトラフィックのみを許可する(オプション)ように設定します。NuGenesis LMS アプリケーションサーバーは、ポート 8180 でトラフィックを許可し、ユーザーのクライアントマシンの IP 範囲からのトラフィックのみを許可する(オプション)必要があります。

Empower エンタープライズの場合は、記事 WKB5512 を参照してください。

communication, SDMS, SUPISDMS, SUPNG, コミュニケーションエラー

  • この記事は役に立ちましたか?