メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY FTN での「Zp 軸ホームハードウェア不良」 - WKB100060

Article number: 100060To English version

症状

  • 「Zp 軸ホームハードウェア不良」というエラーメッセージ
  • サンプルマネージャの電源をリセットしても、問題が解決されない
  • プレートの設定は変更されていない

環境

  • ACQUITY UPLC H-Class PLUS Bio
  • ACQUITY UPLC H-Class PLUS
  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ - フロースルーニードル PLUS(SM-FTN PLUS)
  • ACQUITY UPLC サンプルマネージャ – フロースルーニードル (SM-FTN)
  • ACQUITY UPLC H-Class
  • ACQUITY UPLC H-Class Bio

原因

ニードルがニードルキャリッジの所定の位置に配置されていません。

Needle_not_latched.png

解決策

  1. ニードルをニードルキャリッジに押し戻します。ニードルは、以下に示すようにノッチで揃える必要があります。

 clipboard_e048f8641b74755808fa995216f37406f.png

2. ラッチがニードルキャリッジに沿って水平になり、ニードが所定の位置になるように、ラッチを時計回りに回します

3. FTN の電源を入れ直します。

4. Z 軸のキャリブレーションを実行します。

5. ニードルシールのキャラクタライズを実施します。

追加情報

 

calibration, home h/w fault, needle carriage, needle seal, sample manager, UPARHSMFTN, UPBINARY, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, Z-Axis, Zp-Axis, Zpアクシス, Zアクシス, 較正

  • この記事は役に立ちましたか?