メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ミキサーのアウトレットからの漏れ (ACQUITY UPLC) - WKB10007

Article number: 10007To English version

症状

  • ミキサーのアウトレットから注入バルブまでの移動相の漏れ

環境

  • ACQUITY UPLC
  • ACQUITY UPLC I-Class
  • ACQUITY UPLC H-Class

原因

ミキサーのアウトレットでの接続を緩め過ぎているか締め過ぎています。

解決策

  1. 送液を停止し、次にレンチを使用してミキサーを固定しながら、圧縮接続用の 1/4 インチのレンチを使用して、ミキサーから漏れている接続部を取り外します。フィッティングおよび締め付け用フェラルに損傷または摩耗の痕跡がないかを点検します。その後、手締めで可能な限りねじ込み、レンチを使用してフィッティングを手締めで締め付ける(さらに 1/8 回転)ことで、ミキサーに接続し直します。フィッティングを緩め過ぎている場合は、接続し直して漏れないようにすることができます。点検時に、ステップ 2 および/または 3 に記載されているように、問題のある部品を交換します。点検のために接続部を取り外す際に問題がある場合、またはミキサーへの/ミキサーからのフィッティングのねじ込みに問題がある場合は、ステップ 2 と 3 の両方に記載されている部品を交換します。
  2. ミキサーが損傷していない場合は、ポンプのアウトレットから注入バルブまでの配管を交換します。
    • ACQUITY UPLC 430001486
    • ACQUITY UPLC I-Class - 430002901
    • ACQUITY UPLC H-Class - 430002452(標準)、430002473(Bio)
  3. ミキサーが損傷している場合は、ミキサーアセンブリーも交換します。
    • ACQUITY UPLC 700002911
    • ACQUITY UPLC I-Class - 700005341
    • ACQUITY UPLC H-Class - 700005119(標準)、700005258(Bio)

追加情報


id10007, ferrule, mixer, stop flow, UPBINARY, UPIBSM, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, ストップフロー, 送液停止