メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

2695 アイソクラティック分析でゴーストピークが出る - WKB100863

Article number: 100863To English version

症状

  • サンプル注入後ゴーストピーク発生
  • ニードルウォッシュを十分に実施してもゴーストピークが発生する

環境

  • Alliance HPLC システム
  • 2695 セパレーションモジュール

原因

ニードルにサンプルが付着して取れにくい状態

サンプルのキャリーオーバー

解決策

  1. サンプルがよく溶ける溶媒をバイアルに充填しインジェクションします。(50ul x10回)
  2. 繰り返しインジェクションし、ピークが小さくなるようであれば、再度手順1を実施します。

追加情報

2690, 2690D, 2690DUPGD, 2690UP, 2695, 2695D, 2695DE, 2695DEB, 2695DUP, 2695E, 2695EB, 2695INERT, 2695UP, ALLCOLCLR, ALLCOLHTR, ALLCOLHTRB, carryover, needle wash, ニード ル洗浄

  • この記事は役に立ちましたか?