メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ペプチドが分解されない (ACQUITY M-Class) - WKB10708

Article number: 10708To English version

症状

  • ペプチドが、分解されないでカラムから脱離する
  • 疎水性ペプチドが一緒に溶出する
  • 親水性ペプチドが通常より遅れて溶出し、分解されない

環境

  • ACQUITY UPLC M-Class

原因

  • フローコントローラーを再度ゼロ調整する必要がある
  • 「ループオフライン」パラメーターの設定が間違っている

解決策

  1. ポンプ A とポンプ B の両方に対して「オートゼロ流量トランスデューサー」手順を実行します。
  2. インレットメソッドの M-Class サンプルマネージャパラメーターの「ループオフライン」設定が 「無効」に設定されているか、ループからカラムへ完全にサンプルをロードするのに十分な時間があることを確認します。

追加情報

「オートゼロ流量トランスデューサー」手順を実行する前に、溶媒の逆流や手順の不適切な結果を防ぐために、ポンプが 50%A:50%B をしばらく送液していることを、確認します。

autozero, transducer, 自動ゼロ